救急看護1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数795
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども情報学校医療問題虐待看護小児指導問題点

    代表キーワード

    救急看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小児外傷における救急看護の問題点について。」
     救急時の看護は、短時間で全身の状態を観察し、適切な対処をすることが不可欠である。救急看護のなかでも小児や子ども(乳児から学童まで)の看護では、様々な問題点があるため、十分に注意しなければならない。
     ここでは、小児外傷の種類、原因、問題点について述べる。
     1、小児外傷の種類
     小児外傷を身体の部位別にみると、①頭部外傷(頭の怪我)、②顔面外傷(顔の怪我)、③脊椎・脊髄の外傷(背骨の怪我)、④胸部外傷(胸の怪我)、⑤腹部外傷(腹の怪我)、⑥骨盤骨折、⑦四肢外傷(手足の怪我)があり、その他スポーツ外傷や熱傷(火傷)などもある。
     2、小児外傷の原因
     1歳から15歳までの死亡原因の第一位は、「不慮の事故および外傷」である。なかでも交通事故が最も多く、墜落、機械的窒息、溺死がこれに次ぐ。また年齢とともに転倒、転落、誤飲、などが増加してくる。では、なぜ小児や子どもにこのような外傷が起こるのか。その原因のもとは、子どもの特性にある。小児外傷が起こる原因である子どもの特性について以下に述べる。
    (1)身体的・精神的未熟さ
    子どもは、まだ人間として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。