障害児者の心理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数788
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境経済障害心理発達社会健康障害児学習問題

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ」
     心身障害児・者に機能障害があるのは事実である。この機能障害は障害児・者に多様な障害(ハンデ)を引き起こしていることが多い。それらのハンデキャップは、障害児・者を悩ませたり、心配させる。ここでは、そのような障害児・者に共通する不安や欲求不満、劣等感などと、それに基づく適応機制について述べる。
     1、障害児・者の種類と共通する心理問題
     障害には様々なものがある。学習したり、生活、運動、発達する上で機能の障害がハンデとなる。主な機能障害としては、視覚機能、聴覚機能、知的機能、運動機能、内部諸機関の機能、言語機能、情緒機能の障害があげられる。障害児・者の中には、これらの機能障害を組み合わせて持っている人たちもいる。しかし、心身に障害を持ってはいるが、実体は1人の人間であるため、子どもまたは大人としての心理を持っている。それぞれの機能の障害や程度によって、障害児・者が抱える心理的問題は異なる。そのなかでも障害に共通する心理的問題といえるものには、勉強を好まない、自己管理が充分にできないこと、欲求不満があること、社会性が欠けがちであることな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。