臨床実習前安全教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数461
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境安全技術看護指導知識事故災害実習不安

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    授業を受けて学んだこと
    実習に向けての自己の取り組み
    アメリカ人安全技師〝ハインリッヒ〟が発表した『1:29:300』という法則があります。『1の重大災害の下には、29の軽症事故があり、その下には300の無傷事故がある』という意味で、労働災害の事例の統計を分析した結果、導き出されたものです。これをもとに『1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、 29件の軽傷事故と300件のヒヤリ・ハットがある』という警告として、安全活動の中で多く採り上げられる言葉です。 日常、ヒヤリ・ハットの状態までいかない(もしくは自覚しない)が、実は非常に不安全な状態や行為となると、相当な件数になるはずです。いつも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。