図工科指導法第2分冊

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数524
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    鑑賞作品:名所江戸百景深川木場
    観賞場所:江戸東京博物館 特設展示場「ボストン美術館浮世絵名品展」
    作品を選択するに当たっての理由:
     私が、今回この歌川広重作の深川木場を選択した理由の1つとして、隅田川河口は現在も残っており、子供たちも、現在の風景と比べながら、この絵を鑑賞できると考えたからである。絵を鑑賞するに当たってのポイントとしては、いかに子供にその絵に対して興味を持たせるかで、絵に何処か子ども達が入り込みやすい部分がないと子供達も、絵に対して興味が持てずにただ絵を鑑賞するだけになってしまうだろう。例えば、葛飾北斎作の富嶽三十六景を例にとると、様々な場所から見える。富士の絵を描いた作品であり、CMなどにおいても時折作品が使われることがあり、知っている子供達もいることだろう。しかし、「神奈川沖波裏」であったり、「桶屋の富士」などは作品としての完成度は高いが、その絵がどのように作成されたのかという背景が読み取りにくく子供達の興味関心を引くには少し、分かりづらい作品だと感じるからだ、その他に花魁の姿を描いた美人画で会ったり、歌舞伎役者を描いた役者絵、伝説や古典などの作品を絵などに模し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。