「社会手当て」「社会福祉サービス」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数354
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.はじめに
    このレポートでは、社会手当て・社会福祉サービスについて述べていきたいと考える。現在社会手当てやサービスについては多種多様なニーズに合わせて多く作られてきた。行政によるものも幅広くニーズ充足に貢献しているし、各自治体によってもその地域の社会資源の特性を活かしたサービスが作られたりしている。しかし、近年生活保護制度の中における母子加算が廃止されるなど、財源を意識した手当て・サービスの廃止が目立つ。ここから生じる問題について考察しながら、述べていきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
    このレポートでは、社会手当て・社会福祉サービスについて述べていきたいと考える。現在社会手当てやサービスについては多種多様なニーズに合わせて多く作られてきた。行政によるものも幅広くニーズ充足に貢献しているし、各自治体によってもその地域の社会資源の特性を活かしたサービスが作られたりしている。しかし、近年生活保護制度の中における母子加算が廃止されるなど、財源を意識した手当て・サービスの廃止が目立つ。ここから生じる問題について考察しながら、述べていきたい。
    2.社会手当て・社会福祉サービスの概要
     まず社会手当について、児童不要手当、特別児童扶養手当、児童手当、が挙げられる。児童扶養手当については、父と生計を同じくせず、子どもを養う家庭の母などに対して現金が支給される。対象は子どもが高校卒業までであり、所得制限としては年収365万円。受給5年目以降は最大半額まで減額され、自立支援が始まる。特別児童扶養手当については、障がい者への現金給付を整理して誕生した。20歳未満の障がい児への生活保障であり、家庭で扶養している父母などに給付される。児童手当については、多子による貧困予防を目的と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。