公的年金制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数622
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本心理年金問題生活意識制度保険義務基礎

    代表キーワード

    心理

    資料紹介

    1.はじめに
     このレポートでは、公的年金制度についてまとめようと思う。日本に住む人全員が関係してくるものであり、身近なはずの年金が実際はあまり内容について知られていないことが多い。最近話題になった「宙に浮いた年金問題」についても非常に問題意識を抱いたので、今回公的年金制度をテーマに選ぶことにした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.はじめに
     このレポートでは、公的年金制度についてまとめようと思う。日本に住む人全員が関係してくるものであり、身近なはずの年金が実際はあまり内容について知られていないことが多い。最近話題になった「宙に浮いた年金問題」についても非常に問題意識を抱いたので、今回公的年金制度をテーマに選ぶことにした。
    2.公的年金制度の概要
     年金には、障害年金、老齢年金、遺族年金の大きく分けて三つに分けられる。年金自体の意味としては、「長期にわたって生活費を得ることができなくなった場合、定期的に支払われえるお金。一定の所得を保障し、生活を安定させることが目的。」とされている。日本においては、皆年金制度を取っており、国民は基礎年金を受給する。被保険者区分として、第一号被保険者(第二号、第三号に該当しない人全員)、第二被保険者(被用者のうち、労働時間が通常の四分の三以上、年収が130万以上)、第三号被保険者(第二号被保険者に扶養されている配偶者)の三つに分類されている。
     給付に関しては、基礎年金においては定額給付、厚生年金においては所得比例になっている。給付に関しては、それぞれの担当窓口において裁定請求..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。