「老人医療制度」「介護保険法」のまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数470
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【老人医療制度】
    (老人医療制度の流れ)
     まず、老人医療費に国が関与したのは、1960年12月岩手県沢内村において65歳以上の老人の外来を10割給付することが最初である。その後、老人医療費無料化の流れが一気に全国に広がり、1973年1月から全国一律に70歳以上の老人の医療費自己負担分を公費で現物給付されるようになった。
     しかし1973年のオイルショックなどによる景気の低迷から、老人医療費が財政を圧迫し、急速な高齢化も伴い1982年8月に老人保健法が成立し、老人医療費支給制度は廃止された。その後、2008年4からは老人保健法が「高齢者の医療の確保に関する法律」と改称され、75歳以上の高齢者に係る医療費の抑制を行いやすくするために後期高齢者医療制度が導入され、75歳以上の高齢者は別枠で管理されることになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【老人医療制度】
    (老人医療制度の流れ)
     まず、老人医療費に国が関与したのは、1960年12月岩手県沢内村において65歳以上の老人の外来を10割給付することが最初である。その後、老人医療費無料化の流れが一気に全国に広がり、1973年1月から全国一律に70歳以上の老人の医療費自己負担分を公費で現物給付されるようになった。
     しかし1973年のオイルショックなどによる景気の低迷から、老人医療費が財政を圧迫し、急速な高齢化も伴い1982年8月に老人保健法が成立し、老人医療費支給制度は廃止された。その後、2008年4からは老人保健法が「高齢者の医療の確保に関する法律」と改称され、75歳以上の高齢者に係る医療費の抑制を行いやすくするために後期高齢者医療制度が導入され、75歳以上の高齢者は別枠で管理されることになった。
    (老人医療制度の概要~後期高齢者医療制度前の老人保健法の医療制度~)
    1.医療費等の保健事業の対象者
     当該市町村の区域内に居住地を有する75歳以上の者及び65才以上75歳未満の者であってねたきり等政令で定める程度の障害の状態にある旨の市町村長の認定を受けたものである(老人保健法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。