金融危機の原因につ[1]..

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数2,232
ダウンロード数165
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.はじめに 「金融危機」の深刻な衝撃がまたたく間に世界的な広がりを見せている。記録的な円高株安や信用不安として日本経済の根幹を揺るがしその影響はついに私たちの日常生活を脅かすまでに至っている。今回はその金融危機を経済学的側面から分析し、その原因を中心にまとめてみたいと思う。
    2.今何が起きているのか サブプライムショックに端を発した米証券会社リーマン・ブラザーズの経営破綻は2008年9月15日であった。アメリカ発の金融危機は瞬時にして国際金融市場を駆け巡り世界経済に与えた衝撃は「1929年の世界恐慌」に対比されその動揺が津波のように全世界を襲っている。久しくグローバル経済を牽引してきたアメリカの「金融資本主義」に今何が起きているのか。世界経済はこれからどうなるのか。日本はこれにどう向かい合うべきか。そして何よりその原因は那辺にあるのか考察を巡らした。 サブプライムローン問題は日本が経験した土地バブルに類似していて比喩的にいえば今後の地球経済は成長神話期から定常運行期に移行すると考えられる。米国主導になる世界経済のシナリオによれば金融工学とリスク管理の知見を駆使してハイリスクハイリター..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。