人権(同和)教育第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数244
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    所見:示された他にも参考文献があるように思われます。教育の意義についてもう少し整理すると良いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。
    <同和(人権)教育の意義>
    同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程において形成された身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の集団が経済的・社会的・文化的に低位の状態におかれ、基本的人権を侵害され、近代社会の原理として何人にも保証されている市民的権利と自由を完全に保障されていないという社会問題であり、日本国憲法によって保障された基本的人権にかかわる課題である。『同和教育』とは、同和問題を解決するための教育の営みの総称であり、この同和教育によって同和問題を解決することが同和教育の意義である。また、「同和教育」と「人権教育」との関係は、「差別を許さない」という共通基盤を持っている。人権教育によって差別をなくし、相手を尊重しながら自己主張する態度を育てることが民族や文化の違いを越え、さまざまな人々と豊かに繋がっていくことになるのである。
    <50年に及ぶ戦後の同和教育史の概括>
     戦後の混乱も終息しはじめたころ、部落は戦前の劣悪な環境のまま行政からも放置され、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。