中国の経済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数298
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国の経済発展  
                        
     中国の社会主義に採られた経済政策について、中国の農業集団化は即ち50年代以後の中国社会が社会主義のコントロールから比較的に労働集約農業政策が進行していた。中国の広大な土地の中では僅か沿海部とその他のところの農用地が農耕出来る状態である。更に、人口の移動も沿海部に少しすつ集中した。
     その為、中国政府が効率的な農業集約政策を進んだ。人民公社の設立がきっかけに、農民達が集団生活し始め、政府の為農耕作業をした。しかし、この人民公社のような形で人民の働く意欲が現在より極めて低くなった。また、毛択東が英国等の工業大国を真似し始めた。
     即ち大躍進政策が進行した。各家庭の中で中華鍋等、鋼鉄に鋳造出来る物が全て国家の指導の下で鋳造し始めた。従って、学校、役所、社会中至るまで全部大躍進政策により、荒廃した。学校の先生も教育の身分から鉄の鋳造職人役に換わった。
     十年以内英国を追い抜けるという事から、中国全国が昼夜問わず、「工業」政策が進んでいた。代わりに、数多くの餓死者が続出した。中国は表に工業化が進んでいた末、国内の餓死者が出て、工業化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。