東南アジアのマレーシアとタイの事例からみる経済発展と民主政治

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数399
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    東南アジアマレーシアとタイの事例からみる経済発展と民主政治
     マレーシアのプミプトラ政策とタイの経済成長から齎したタイの民主政治について論述しておる。プミプトラ政策はどういう以下の5つの背景から必要となる
    1.1975年の経済ゼロ成長から国内の原油価格が下落した為である。
    2.華人は経済的に優位から正中国内の経済力が大きな割合を占めた為に、マレー人とインド人にとって不公平という反発。
    3.農村部の煤、ゴム等の天然資源産業の価格低迷。
    4.私人企業の株が一人占めとなり、民主国家という財産公平な分配策がなかった。
    5.労働力は華人はIT、貿易産業の割合が大きな為、その反面、マレー人やインド人は農、漁業或いは低賃金の職業しか出来ない。所得水準の差が表に現した。
    プミプトラ政策がどういった政策が取り組んだ以下の5つの要点でまとめる。
    1.経済ゼロ成長の翌年76年に政府が国内産業を保護する為に、規制緩和という政策を取り、成長率を回復を目指す。
    2.労働力の雇用再編成し、マレー人も高等教育を受け、マレー人企業家を育成する為である。(マレー人優遇政策の一環)
    3.農村部の改造も直ちに必要となり、農村..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。