台湾民主化と中華民国相克

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数230
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    台湾―民主化と中華民国との相剋
    台湾の政治民主化は、権威主義体制による経済発展の成功を繋がった。こうした経済開発が成功すれば、民主主義を定着させるまでの準備段階と言える。この民主化モデルは韓国の「コリア・シナリオ」と同様である。
     確か、台湾と韓国の民主化モデルはかなり似ていた。だが、台湾も少し異なる部分があると見られた。これは民主主義体勢への移行期は未に見えない状態である。
    更に、移行期から民主体制を定着するまで、直ちに定着することも保証できない。民主化といえば、権威体制から民主体制への移行期とも言える。そのため、台湾では、権威者蒋経国から改革者李登輝まで、これを加えて新中産階級層の選択により、民主化がもっと早めに進んでいくではないと指摘した。
     今回のテーマは、まず、権威主義体制の特質を検討である。民主化という選択肢を選んだ中産階級政治企業家らが、台湾の権威政治問題を直面すべきと指摘した。
    また、こうした中産階級層の特質から見ると、相互間のコミニティの重要性も見直すべきである。
    更に、中産階級企業家ら民主運動の際に、採用したイデオロギーの性格も検討すべきである。最後、民主主義定着後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。