韓国の経済危機と解決

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数265
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NICsの中の韓国の経済危機と解決の事例
    NICsの中で政治、経済、文化、社会など、比較的近かった韓国と台湾の経済発展について比べていた。
    共通の特徴
    両国とも共産主義国家へ対立と戦った経験が持つ為、米国からの経済援助がある。
    経済発展政策もかなり近い(農業から重工業から軽工業)
    両国とも国土が小さい為に、経済発展政策が比較的に似ている。
    両国とも半導体やインターネット産業等の関連事業で経済急成長。
    シンガポールと香港と同様に両国ともアジアニーズである。
    両国とも天然資源が乏しい為に、貿易立国等の経済方向が進んでいた。
    両国とも経済発展の最盛期が迎えた事がある。奇跡時期があった(漢江の奇跡と台湾奇跡)
    両国とも中国等の人件費が安い国々に自国の経済関連産業が発展した。
    両国とも軍政独裁時期から民主時期への経済発展期があった。
    両国とも日本統治時期が経て、対日感情が深い、日本商品に対する輸入率が高い。
    相違の特徴
    両国の元々の経済主体が比較的に異なる。
    アジア金融危機で韓国がかなり危機が迫られ、台湾は危機がなかった。
    韓国は主に財閥が経済主体をコントロールし、台湾は中小企業で支える。
    韓国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。