国際文化振興委員会

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数440
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     私は国際文化振興会の創設のあらすじと誕生の話である。さらに、国際文化振興会の対外事業や今までの文化交流活動について、述べていた。草創時期から戦後の発展時期までの様々な様態で文化活動をし続けていることについて考察している。
     まず、国際文化交流はの定義について、単なる国家間の交流のような曖昧不明の関係だけではなく、国家や国民でもできることのである。さらに、「国際」という言葉自体もう一度認識すべきである。「実践の前提」と「国際関係論」から離れることも一つ重要なポイントのである。ただ部屋や教場での話や授業ではなく、すること自体一番大事なことのである。まだ、国際関係は異なる国同士の間や異なる国民の間での交流を通じて、互いに理解し、平和の国際社会を作り、維持することのである。しかし、これは「国際関係」という自体は難しいことでもある。逆に文化批判という感想が出てくるではないだろう。日本はこれについて、積極的な行動を取らなければらないを知り、試みをしている。最後、近代の国際関係と歴史的の展開に対し、交流活動の試みなど、日本の文化交流をやり遂げるである。そのため、本書の研究対象は国家間の文化交流主に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。