国際関係と日本外交政策の進行

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,399
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際関係と日本の政冶外交
    政冶外交における「戦後」
    冷戦時期米ソ2つ超大国同士間が政冶の役割かなり占められたが、多極化が誕生後軍事力依然として米ソ核大国に占められた。
    米国が少々下降気味、ソ連は崩壊後少々増大傾向になった。
    冷戦期と言う戦後は国際組織の設立から国同士の距離を縮小し、経済面の相互依存関係が生じた。更に、各国の文化面と軍事面もかなり変化を訪れた。
    プロの外交官が誕生し、情報収集と資料伝達能力が上昇した為、19世紀のような各国完全独占という形を崩壊した。
    日本は敗戦前後を境にし、戦前と戦後時期分けられ、戦後の日本外交が戦前より進歩と言える。
    憲法と講和・安保条約
    戦後日本政府が外交面について2つの文書を締結した。
     ⅰ日本国憲法である。敗戦後はGHQ(連合国軍総司令部)の管理の下で、民主化と非軍事化を基づき、一連の改革により、1946年(昭和21年)日本国憲法を公布した。
     ⅱ憲法の第9条の中で、「戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認」という所から陸海空軍を保つ事が出来ず、国の交戦権を認めない。まだ、GHQ側が天皇制の廃止を要求しながら、日本にとって天皇の存続が必要となり、マッカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。