カンボジアの現状考察

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,140
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カンボジアの現状考察
    カンボジアは1949年にはフランスから独立し、カンボジア王国が誕生した。しかし、独立した後長い間で内戦を起こっていた。さらに、共産政権の統治の下で国民の生活をよくなくなった。東南アジアの全ての王国の中で、多くの問題が持っていると見られるのである。今はカンボジア王国の貧困問題について調べていた。
    カンボジア―国の正式名称は(ブリアリアチアナチャクラ・カンプチア)、日本語表記はカンボジア王国である。国の中心はメコン河が流れている。そのため、稲作農業を盛ん、国の人の7割以上農業を従事している。首都はプノンペンである。国家元首は国王、行政府は首相1人、副首相2人の下で、8人の上級大臣である。立法府は国民議会と上院議会 である。国の歴史は紀元802年~1462年までクメール王朝である。1462年~1970年までカンボジア王国である。1970年ロン・ノルは大統領としてクメール共和国を誕生した。しかし、その時追放されたシハヌーク殿下中国北京でカンプチア民族統一戦線を成立した。さらに、ポル・ポトを中心に共産主義勢力次第に拡大し、1975年にロン・ノル打倒し、民主カンプチアの政権を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。