中国風水思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数852
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国(台湾)の風水思想
     中国(台湾)の風水思想について、『風水思想と東アジア』を参考として読んだ。以下中国(台湾)の風水思想を論じることのである。
     まず、本から見ると、台湾、香港の風水思想と宗教観念がほど近い日本沖縄県にも影響を及ぼすことになった。お墓の形「亀甲型」の土葬式のお墓や家の中で位牌があることから、少しでも台湾と香港の影響が受けたと思う。元々土葬は中国本土にとって一つの習慣でもある。「入土為安」という言葉から生まれる。人々は生まれた時母のお腹から出てくるからこそ、死後も母親のお腹を帰るような形にならなければならない。本の中である土葬式のお墓の形は女性の陰部のような形にすることも一つ母親の元に戻る考え方ではないだろう。さらに、古き中国の伝統は人は死後の1週間即ち七日間魂は必ず家に帰ることから、七日間後埋葬することが許される。もし、七日間待ったずに、埋葬したら、先祖の魂は棺に入ることはできないから、土の中も入ることもできない。そういう場合は魂は入ってない時、自分の先祖は「孤魂野鬼」になる「入土為安」することもできないと自分だけではなく、子孫も災害を与える。そのため、台湾、香港..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。