空港建設問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数428
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「空港建設による問題」
     世界各国の繋がりの重要なポイントは人々の来往、政府間の来往あるいは文化、技術、経済的の来往である。それについて、国と国の間の交通機関は一番重要だと見られる。各国間の来往をよく使う一番便利な交通手段は飛行機である。そのため、国際空港の建設も各国にとって、大事に視する問題である。一つの国にとって、国際空港はどちらに建設し、空港から一番近いの大都市の交通手段と空港の所在のこの県あるいは、市の活性化により、さまざまな経済対策と政府から空港建設予定地の周辺の住民への土地売買の問題など、これは国にとって、大変解決しなければならない問題である。しかし、空港の建設の問題はこれだけではない、もっと深刻の問題があると思われるのはそれが空港建設している最中この空港周辺の環境の破壊問題と空港開港後のさまざまな公害問題である。これも、日本政府にとって、大変難しい問題である。1978年における、成田空港の開港から、今までもう26の歳月も経て、どころが、空港の周辺の住民にとって、空港が開港以来、彼たちにとって、政府への政策と戦い始まっている。開港当時の滑走路は3本の予定があった。しかし、政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。