国際交流論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数545
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際交流論―共に生きられる日本へ外国人施策とその課題
    私は『共に生きられる日本へ:外国人施策とその課題』を読み、この要約と感想について、述べている。
     本書では、今の日本における居住する外国人への様々な問題と日本人との共生するための政策とされている。今の在日外国人の現状、文化、人道主義の考え、社会保障の平等、その子供達即ち在日二世の教育を受ける権利、外国人参政権、最後は共に生きられる社会の構築を実現までの政府の政策と外国人達と日本人達の文化、言語、習慣などの融合する。
     まず、第1章で、著者は在日外国人労働者はここ数年は増加し続けている傾向があり、外国人は日本にいる単なる労働者の資格だけではなく、留、就学、日本人の配偶者の関係で日本に来る外国人の在留資格の条件も異なる。さらに、外国人労働者の中に特に「永住者(p.19)」と「定住者(p.19)」二つがある。永住は定住より社会地位は安定的と見られる。それに、永住者の中に日本人に帰化する外国人も少なくもない。これらの在留資格を細かく分けると「単身就労型(p.25)」主に民間企業の仕事や研修をしている外国人である。「家族出稼ぎ型(p.25)」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。