死刑制度は廃止すべきか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,780
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    死刑制度は廃止すべきか
     1983年、原田明男氏は、長谷川敏彦、井田正道、東公平の3被告人により、1000万円の保険金を目的に殺害された事件の遺族として、原田明男氏の兄原田正治さんはこの加害者たちに死刑をするすべきか、とういう質問が出てきた。事件が始めた頃、原田さんはこの3人に対し、非常に痛恨した。しかし、10もう経て、原田さんの気持ちはすでに憎しみから癒されるという気持ちを変わった。但し、この事件について、3人とも死刑になった。遺族の原田さんにとって、弟の死はこの社会に死刑制度をもう一度見直してほしいという願いがある。こういう事件があった時、加害者と被害者の家族しか理解できない。被害者家族の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。