死刑制度は存続すべき

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,346
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    死刑刑事事件刑法裁判行政公平

    代表キーワード

    刑法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    死刑制度は存続すべき
    死刑について、日弁連が死刑廃止を根強く主張し、国会でも死刑廃止議員連盟がこれと同じ考え方である。今までの死刑に対し、「人を殺したに対し、死刑をもって臨むべき」という価値基準がある。「国は人の命を奪うこと許されない」という考えもとれば、死刑は絶対悪しかない。だからこそ、すぐ廃止すべき。その代わりに、代替刑を考えるべき。廃止論者は死刑は凶悪犯罪に対し、抑制効果があるという科学的証明はない主張している。さらに、もし誤判の場合なら、取り返しはつがないという考え方もある。反対者は死刑は絶対凶悪犯罪に対し、威嚇力があること指摘された。そのため、死刑制度の存続は未だに議論し続けている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。