死刑制度の代わりに代替刑の導入すべきか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,111
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    死刑制度の代わりに代替刑の導入すべきか
     近年、重大な犯罪問題と凶悪犯罪が増えて続ける。凶悪犯罪を抑制するため、死刑制度を存置したほうがいいという意見がたくさんある。しかし、誤判などの場合も増加し続けている。これらの問題について、死刑の代わりに代替刑の導入する要望が出てくる。死刑制度の代わりに代替刑の導入すべきか。
     死刑制度の代わりに代替刑の導入すべき。第一に、国が人の命を奪うことは許されないからである。日本国憲法の11条、12条、97条の中で、基本的な人権を永久で不可侵害と人権の保障という条文がある。死刑は人権の根幹的な権利である生存権を侵害する。そのため、死刑制度は憲法の精神を真っ逆にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。