アジアの宗教と思想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数501
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アジアの宗教思想
    ネパールの宗教―少女生き神としてクマリ
     私は「ネパールの仏教と生き神思想」について、研究と考察した。以下「ネパールの宗教と思想」について、述べている。
     ネパールの生き神「クマリ」を考えている。ビデオから、古くネパールの王室の話によると、国王とクマリの化身した女神との遊んでいる最中、国王は邪の心を起こし、クマリに無礼な言動をした。そのため、クマリは国王に言い、「私は将来転生して、一人の幼い女の子として転生して、あなたの前に現します。」という話がある。国王が女神に対し、無礼な態度を取った。しかし、おそらく、国王自身も気づかなかったかもしれない。ビデオから見ると、国王がクマリに対し、神聖の存在から、やがて、愛情に変わるも一つと思う。だが、今から見ると、あくまでも一つ説だと思う。したがって、今のネーパルも「クマリ」の生き神を信仰し続ける。「クマリ」に選ばれる女の子たちが「クマリ」に適任かどうか「試験」が行う。暗い部屋の中で恐ろしい鬼や物の怪の像と怖い声が出てくる。そのため、泣かないと無事に出られる女の子が「クマリ」にふさわしいである。これは、現代文明発達の今から見ると、少..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。