政治学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数598
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治学概論
     憲法は一つの国として、国民の権利と義務を定めた法律である。それに、世界中さまざまな国の憲法は実質的な効力があるといわれる。しかし、昔から近代にかけて、憲法が定めた国いっぱいあったのに、実際憲法の中で、民主主義という概念と思想を全く入っていなかったと見られた。とりわけ今の民主大宗国アメリカもその一つにあった。アメリカは建国初期で合衆国憲法が定めたのに、この中で、「すべての人は平等に造られ」という文章がある。しかし、当時このすべての人は、イギリスからの移民しか認めていなかった。アメリカの先住民と黒人は含まれていなかった。さらに、アメリカの西部開拓の終焉はこのような地域の混沌状態を続けていく。この頃は民主主義という思想また実現されていなかった。
     民主主義という言葉は20世紀以降、だんだん皆を知られていた。それに、今の日本の憲法の実質的な精神がないが指摘されている。日本国憲法は死んでいるという結論が出ていたのである。もっと深めて研究し、憲法は国家権力が国民に対して、命令するために作られたのである。そのため、国民は従わなければならない。しかし、命令される対象は法律によって違いので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。