S0639幾何学概論最終試験パート2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数307
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    幾何学概論S0639

    資料紹介

    S0639  幾何学概論  最終試験  パート2



    1 命題qnを「1/nより大きい」とし

    Rの部分集合An={x∈R:(pn∨qn(x)が真である}

    とおくとき

    (1)

    ∪{An:n∈N}を求めよ。

    (2)

    ∩{An:n∈N}を求めよ。

    からの問題と解説を載せています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0639  幾何学概論  最終試験  パート2
    1 命題qnを「1/nより大きい」としRの部分集合An={x∈R:(pn∨qn(x)が真である}とおくとき(1)∪{An:n∈N}を求めよ。  →0以外の実数
    (2)∩{An:n∈N}を求めよ。  →(2)x<-1またはX>1
    2 デデキントの切断を用いて、次の問いに答えよ。(1)2および√3を切断で表せ。
    2についてxを任意の数とするA:{x≦2},B{2<x}
    (A,B)=2である。
    √3についてxを任意の数とするE:{x<0 または x^2<3},F:{x>0かつ x^2>3}と定めると
    E,FはQの切断であり、(E,F)=√3である。(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。