麻薬の管理方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,785
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ②麻薬および向精神薬の管理方法
    1、一般的な管理方法
    麻薬は強い鎮痛・鎮静作用を持っている薬であるため、がん患者の疼痛コントロールなど医療現場において重要な役割をもつ医薬品である。また向精神薬は中枢神経系に作用して精神機能に影響を与える医薬品であり、睡眠薬や抗不安薬などがある。しかしこれらは医療現場での有効性が大きい反面、多幸感などを与えるため、依存や習慣性を生じる可能性がある薬物でもある。そのため、濫用や犯罪に悪用される危険を防止するために「麻薬及び向精神薬取締法」で規制され、その取り扱いや管理方法が定められている。
    使用についてはは、都道府県知事の免許を受けた「麻薬管理者」(医師、歯科医師、薬剤師)が麻薬の管理を行っている施設の場合に限り使用が認められる。また、都道府県知事の免許を受けた麻薬施用者(医師、歯科医師)に限り処方できる。
    具体的な麻薬の管理方法としては、麻薬以外の物や医薬品(覚せい剤を除く)と区別し、施錠管理された強固な設備(専用の金庫)内に保管しなければならない。(スチール製のロッカーや、事務机の引き出し等は堅固な設備に該当しない。)また、麻薬は勝手に破棄することが禁..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。