解離性大動脈瘤

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数340
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害病気循環疾病動脈

    代表キーワード

    看護解離性大動脈瘤

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    解離性大動脈瘤
    解離性大動脈瘤は、弱った血管内側の膜が血圧等で裂け、そこから血液が流入し血腫が形成され大動脈壁が2層に解離する病気である。中膜の間に血液で満たされた偽腔ができる。進行により解離部分が大きくなると、破裂して生命の危険がある。
    原因と関連事項
    動脈硬化による血管の脆弱化、高血圧、先天性大動脈弁疾患(二尖弁・一尖弁)、大動脈縮窄、Turner症候群、妊娠、側頭動脈炎、梅毒性大動脈炎、心臓カテーテル検査、大動脈内バルーンパンピングなどの医療処置
    症状
    前胸部、背中(肩甲骨間)、みぞおち、腰等に突然の激痛・発汗・吐き気・ショック状態・意識不明・半身麻痺、合併症に伴う症状
    <大動脈解離の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。