排尿障害

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数391
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害排泄排尿頻尿乏尿尿閉無尿残尿膀胱尿道

    代表キーワード

    看護排尿障害

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    排尿障害
    (1)排尿困難
     尿が出にくい場合を意味し、排尿しても膀胱が完全に空にならない。多くは膀胱に尿がいつも残っている感じ(残尿感)を訴え、排尿後尿道から膀胱に細い管を入れて導尿すると残尿が証明される。前立腺肥大症、尿道狭窄、神経因性膀胱、前立腺癌などでおこる。排尿困難が進行すると尿閉になることがある。
    (2)尿閉
     腎臓で作られる尿量は正常であり、膀胱に尿がたまっているにもかかわらず一滴も出ない状態をいい、激しい尿意とともに膀胱が張ってくると非常な苦しみを訴える。前立腺肥大症をもつ人は飲酒中に突然尿閉になることがある。膀胱の収縮力が低下すると放尿力が低下し、尿線が細くなる。 尿道狭窄、尿..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。