小児と家族

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,463
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    小児子ども障害家族疾病

    代表キーワード

    小児と家族小児

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児と家族
    ~子どもから見た家族~
    ・子供は家族に守られ、家族との相互作用の中で、最初の人間関係を築き、生活習慣を確立し、
    少しずつ社会性を身につけていく。
    ・子どもは食事・睡眠などの基本的なニーズを満たすこと全てを家族に依存している。
      →家族は子どもにとって最も身近で、生きてゆくために必要なことをすべて提供してくれる。
    つまり、子どもは自分の世話をしてくれる家族なしには生きられない。
    ~家族から見た子供~
    ・家族は子どもに愛情を与えると同時に、子どもから愛情・幸福、やすらぎなどを感じており、
    子どもに支えられて生きている。
    子供と家族はひとつの単位であり、子どもへの看護は家族への看護である
    → 小児看護において家族とは、子どもの成長・発達とともに自らも発達する重要な集団であり、
    一つの援助対象である、ということ。
    子供を持つ家族の機能
    1,養育…生命の維持に必要な、衣服・食事・住居を提供し、
        日々の生活の世話と生活に必要な物事に対して経済的な支援をする。
    2,愛情…相互のつながりによって家族と子供はお互いの絆を深め、情緒の安定を図る。
        愛情ある安定した雰囲気の中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。