中世・近世のユダヤ人

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数400
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    西洋社会史 課題2レポート
    テーマ 「中世・近世におけるユダヤ人迫害について」
     ヨーロッパの歴史においてユダヤ人は幾度も迫害を受けてきた。ユダヤ人の大量虐殺の対象になったのは、十字軍遠征の時である。人々は聖地奪還のため、神の祝福を受けて立ち上がりそして神の敵、すなわちユダヤ人であれイスラム教徒であれ敵を殺戮すべきであるという理念があり、多くのユダヤ人が殺された(1)。1348年にペスト(黒死病)がヨーロッパ中を駆け巡ったときには、ユダヤ人は標的にされた。この時代にペストが流行した理由として、人々が都市に密集し、不衛生な環境であったことが挙げられるが、ユダヤ人は衛生面に気を配っていたため、キリスト教徒とりもペストの犠牲者が少なかったそうである。しかし、キリスト教徒からみれば、ユダヤ人だけ犠牲者が少ないのはおかしいと疑われ、ユダヤ人が井戸の水に毒を入れたというデマが広がり、ドイツにおいて多くのユダヤ人が犠牲となった。中世から近世にかけて行われた魔女狩りでは、魔女はユダヤ人であるとみなされ、多くのユダヤ人が犠牲となった。魔女狩りが多く行われた年は気候が寒冷であったり、干ばつに襲われたりして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。