教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育学
    戦前日本における義務教育制度の成立過程についてその概要
    日本の義務教育制度は1872年に近代学校制度である学制が公布されてから、わずか30年という短期間でほぼ成立した。まず、1886年、第1次小学校令において就学義務規定の法令上の明記がなされた。次いで1890年、第2次小学校令において学齢児童全員が就学するのに必要な数の義務教育学校の設置を命じる学校設置義務規定が明記された。1900年には第3次小学校令において、学齢児童の就学を保障する条件が整備された。具体的には、義務教育における授業料の無償化、雇用により義務教育を妨げることを禁止する旨が明記され、これにおいて法令上からすれば日本の義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。