環境税

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数284
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境税を導入することは日本経済にとってプラスである
                                 
    1 環境税がなぜ必要か
    地球温暖化が深刻さを増す今日において、環境への配慮が必要不可欠となっている。地球温暖化に対処するためには、私たちが車を利用したり電気を利用したりと、日常生活を送る上で発生する環境にかかる負担を経済システムに組み込み、二酸化炭素の排出量を削減する取り組みを推進していかなくてはならない。すでに多くの企業や市民による環境に配慮した取り組みが始まっている。二酸化炭素の排出に着目した環境税は、こうした取り組みをいっそう促し、環境への負荷の少ない社会経済システムを実現していくために有効的な手段であり、必要なものである。
    2 環境税導入によって得られる効果
    (1)価格インセンティブ(動機づけ)効果
    化石燃料に課税することで、燃料を割高にし、省エネ機器への投資や買換えを国民に広く促すとともに、エネルギーの節約を促すという効果がある。価格効果によって、ランニングコストの差が大きくなれば、省エネ・新エネ機器は従来型機器より一層有利になる。
    (2)財源効果
     税収を温暖化対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。