手話コミュニケーションの留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数856
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私たちは、日頃から何気なく言葉を使い話している。しかし、発表などで緊張し言葉がつかえたりすると聞き手に奇異な感じを持たれたように感じ、そこから聞き手の様子を窺い、ますますつかえてしまうこともある。この言葉の問題には、言葉の問題とともに、それを受け取る相手との関係といった二つの問題がある。そもそも言葉とは不完全な道具なのではないか。 同じ言葉を使っても、伝える側と受け取る側との語感や解釈の相違で、捉え方が変わってしまう。コミュニケーションを円滑に行うためには、言葉以外にジェスチャーと声の調子が、大きく関わるのではないか。コミュニケーションとは、伝えた側の考え通りに伝わるのではなく、受け取り側の感覚で理解し解釈される。やはり受け取り側の感覚になり伝えることが重要である。このことを踏まえた上で、聴覚障害者とのコミュニケーションのいろいろと留意点を考えていく。
    「手話」手の動き等でコミュニケーションをする方法である。先天的に聴覚に障害のある人には,手話をコミュニケーション方法とする者が多い。手話には、相手の発信内容を即時に理解できる、長時間で話し合っても疲労感が少ないといった特長がある。他方、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。