不法行為法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数497
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    問題:
    「次の事実関係(基本を変えない限り適宜修飾してもよい)につき、709条(基本的不法行為)の要件を当てはめて損害賠償を請求するとすれば、いかなる法律論を主張し、どのような事実を立証すべきか。法律家に共有されている法律論であるか否か、立証の難易等を考慮しつつ説明せよ。」 1.手術をした医師が、多忙のあまり、回診・各種検査・医療機器の点検等を怠り、手術後の患者の容体を十分に把握していなかったために通常よりもきわめて長期間の入院を要する結果となり、かつ、後遺症が残ったため、退院後も定期的な来診を必要とする事態になった。 2.ある雑誌社が、「可愛い赤ちゃんの写真を集め、写真集を刊行したい」として取材を申し入れてきたので、母親はそれに応じて自分の赤ちゃんの写真を撮らせたところ、その写真が身元が分かる形でインターネットで公開された。母親は「大金をもらって取材に応じたのだろう」というような嫌がらせを受け、最悪の場合には誘拐されるかもしれないという恐怖を抱いている。 3.重い遺伝的疾患を持つ女性が妊娠した。生まれてくる子にその疾患が出ないか否かを何度も医師に確かめ、各種の検査も受けた結果、医師が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。