質権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数459
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    即時取得民法質権答案論文

    代表キーワード

    民法質権即時取得

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【問題】
    2 Aは,B所有の茶器を所持していたところ,Cから100万円を借り受けるに当たり,この茶器をCに質入れした。
     一.この茶器は,AがBから預かっていたにすぎないのに,Bの承諾なしに,自己のものとしてCに質入れをしたものであった場合に,Cは,質権の実行により,100万円の貸金債権の弁済を受けることができるか。次の3つの場合のそれぞれについて検討せよ。
    (一)現在,Cが茶器を所持している場合
    (二)質権の設定後にAの懇願をうけてCがこの茶器をAに引き渡し,現在は、Aがこれを所持している場合
    (三)Cから茶器の引渡しを受けたAがこれを更にBに返還し,現在は,Bがこれを所持している場合
     二.この茶器は,AがBに貸し付けた50万円の貸金債権の担保のためにBからAに質入れされたもので,これを,AがBの承諾なしに更にCに質入れしたものであった場合に,Cは,自己の質権の実行により,100万円の貸金債権の弁済を受けることができるか。
    【解答例】

    小問(一)について
    (1) AはB所有の茶器を、Bの承諾なしに質入れし、Cとの間で質権設定契約を結んでいる。かかる場合、Aは無権利者であるから..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。