日本大学通信金融論 スクーリング試験

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,040
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部 金融論 夏スクーリング 試験 課題
    以下の事項について述べよ。
    1.イントロ
    1)1990 年代以降の日本経済の長期不況の中で生じた3つの過剰とは何か?
    雇用、負債、設備
    2.不良債権問題と日本経済(1)
    1)バブル経済が発生した理由は何か?そして崩壊したのは何がきっかけだっ
    たのか?
    株価・地価の急騰をきっかけにバブル経済が発生した。そして土地関連融資の
    総量規制が実施され、地価が下落したことをきっかけとしてバブル経済が崩壊
    した。
    2)1970 年代以降、日本の金融市場が自由化されていったが、その要因は何か?
    二つのコクサイ化とは何か?
    1.二つのコクサイ化
    2.新しい金融取引・金融技術の開発が進んだ
    二つのコクサイ化とは?
    ①国債の大量発行
    ②経済活動の国際化
    3)日本版金融ビックバン(1996 年)が目指す3つの事柄とは何か?
    ①フリー(市場原理が働く自由な市場)
    ②フェア(透明で信頼できる市場)
    ③グローバル(国際的な市場)
    4)住専とは何か?住専問題はどうして起きたのか?住専問題を処理する際の
    問題とは何だったのか? ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。