日本大学通信商法_夏課題

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数375
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部 商法 夏スクーリング 試験 課題
    以下の事項について述べよ。
    用語解説
    法人・・・自然人ではないが、法律の規定により「人」として権利能力を付与されたもの。
    法人制度を用いない場合、契約などにおいて人数が増えた場合に、手続きが煩雑になるな
    どの不都合が生じる場合がある。そのような問題を解決できる。
    法人格否認の法理・・・会社の法人格を剥奪するには至らないが、個々の紛争を解決する
    にあたって会社を法人として取り扱うことが公平性や妥当性を欠く事態を招く場合には、
    当該事案に限り法人格を有しないものと扱い、法人とその背後の社員を同視して取り扱う
    必要性のこと。
    ※濫用事例、形骸化事例
    株式・・・投資単位を小口化・細分化・定型化して出資者と会社・出資者相互間の法律関
    係を簡明に処理する技術的制度。
    株式会社・・・社員の地位が株式という細分化された割合的単位の形をとり、その株主が
    会社に対して株式の引受価格を限度とする出資義務を負うだけで、会社債権者に対しては
    責任を負わない会社形態。
    株主有限責任原則・・・株主は会社に対して自己が引き受けた株式の引受価格を限度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。