国際経済論MA メディア授業 試験・理解度チェック1・2・3・4 合格レポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,162
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部メディア授業 経済学概論 MA 課題
    理解度チェック1
    1 (50 点) パックス・アメリカーナについて 200 字以内にまとめなさい。
    パックス・アメリカーナとは、アメリカの下での世界的平和という意味である。両大戦間
    の世界経済は、混乱し停滞した時期であった。これは第一次世界大戦の戦後処理が非合理
    だったことなどが挙げられる。それらの反省をもとに、第二次世界大戦後はアメリカ主導
    で戦後復興を行った。そのため平和的な関係を構築することができ、世界的に経済が発展
    したのである。これがパックス・アメリカーナの根底にある。
    2 (50 点) IMF体制の崩壊と変動相場制の定着のポイントを整理しなさい。(箇条書き
    可)
    戦後の国際通貨制度は IMF を中核機関としていたが、実質的にはアメリカ主導での通
    貨制度であったため、米ドル本位制であった。この体制では各国通貨は金に裏付けられた
    ドルと IMF平価で結びつけられていたため、米ドル=金の構図であった。
    また、当時のアメリカは世界経済を牽引するため大幅な輸入超過の状態であった。その
    ため、米ドルが各国に支払われるた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。