商学総論MB メディア授業 理解度チェック3・4 合格レポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数582
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部メディア授業 商学総論 MB 課題
    理解度チェック3【第9~10章 リポート】
    「小売商業形態としての百貨店とスーパーマーケットについて比較してくださ
    い。」
    わが国における百貨店の定義とは、以下の二つである。
    1)「物品販売業(物品加工修理業を含む)であって、これを営むための店舗
    のうち、同一店舗で床面積の合計が 1500 ㎡(都の特別区及び地方自治法による
    指定都市の区域内では 3000 ㎡)以上のもの」(百貨店法)
    2)「衣食住に関する各種の商品を小売する店舗であって、従業員 50 人以上
    のもの」(百貨店販売統計調査規則)
    この百貨店は、広い地域から顧客を大量に吸引することを生命とする商店であ
    ることが最大の特徴である。また、付随する特徴として以下の4点を挙げるこ
    とができる。
    1)取扱商品は買回品を中心として最寄品や専門品等、商品系列毎に多種多
    様な商品を常時取り揃え、消費者の便宜に供している。
    2)部門別経営。
    3)集中的大規模経営。
    4)消費者が多数集まる地域に目立つ店舗を建設し、多種類の商品を取り揃
    え、斬新な陳列法、広告宣伝力、多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。