商学総論MA メディア授業 理解度チェック3・4 合格レポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数599
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部メディア授業 商学総論 MA 課題
    理解度チェック3【第7章 リポート】
    「欧州諸国の商業研究の特性について考えてみて下さい。」
    学問の研究の原点は社会的な要求に求めることができる。それは商業も例外
    ではない。商業の学問的研究は日常の問題解決の探求に発するとも言われてい
    る。商業の学問的研究は古くから始まっているが、研究当初は売買取引の注意
    事項や商品に関する知識を得ることを第一目標とし、また、研究の成果を子孫
    へ伝えることであった。
    欧州諸国では各国で様々な研究が成されてきた。イタリアでは17~18世
    紀頃に研究が盛んになった。当時のイタリアは東方貿易で反映し、世界の商業
    や経済の中心勢力を形成していた。それに伴って、パチョウリやカトルウギら
    良き商人、完全な商人になるための実践的な書物を著した。また、フランスで
    は新大陸や新航路の発見に伴い、かつてない商業革命を経験したのである。そ
    れらによって金融市場の開拓、欧州資本主義の発展などが起き、商業や経済の
    研究が成された。特にサヴァリーの完全なる商人は商業について革新的に著し、
    実用的な文献ながら商業学の模範..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。