情報概論MA・MB メディア授業 試験 合格レポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数956
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部メディア授業 情報概論 MA 【最終リポート課題】
    (1) 半導体の組み合わせでsin 関数を計算する仕組みを1000 字程度で説明しな
    さい。
    <解答>
    半導体とは電気を通しやすい「導体」と電気を通さない「絶縁体」との中間の性質を持
    つ物質である。この半導体はコンピュータを構成する代表的な物質である。この半導体で
    構成されるコンピュータの中では大量の計算が常に行われており、これらの計算が様々な
    処理を実現させているのである。具体的にコンピュータが計算を行うメカニズムを考察す
    ることにする。
    コンピュータの内部では、すべての情報(命令やデータ)が2進数の数値で取り扱われ
    ている。この2進数とは、0と1だけを使って数値を表す方法である。われら人間の世界
    では0から9を用いた10進数が用いられているが、コンピュータの中では常に2進数で
    計算されており、これはコンピュータの最大の特徴と言って過言ではない。また、他の特
    徴としてコンピュータは加算しかできないという特徴も持っている。減算を実現するには
    補数という方法を用いて、加算として処理を行っている。他にも乗算は加算..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。