経済地理 経済地理学 分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数897
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    成熟社会とは、量的拡大のみを追求する経済成長が終息に向かう中で、精神的豊かさや生活の質の向上を重視する、平和で自由な社会のことである。この成熟社会の生活者は、成熟化以前の社会の生活者に比べて著しく変化し、総じて生活の範囲と暮らし方を量と質の両面で拡大させると言われている。また生活者は、成熟社会の暮らしやすさの中でなお生きて活動する原動力、張り合い、および幸福感を目的としている。
     図1のように従来の経済学では、一人の生活者を労働者と消費者に分離していた。そのため消費者は抽象的な市場に傾注し、経済人として合理的に行動することが強要され、経済学は現実から遊離されたのである。
     しかし生活者は自己の生命の維持、充実、発展という目的を達成するために、生活者は生産過程に関与しはじめた。そのため成熟社会の生活者は、その社会が充実するにつれて、消費や生産を含めて、生活をより一層トータルに、質的に営む人間となるという考え方が主流になった。それを図示したのが図2である。
     上記の2図をもとに生活

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     成熟社会とは、量的拡大のみを追求する経済成長が終息に向かう中で、精神的豊かさや生活の質の向上を重視する、平和で自由な社会のことである。この成熟社会の生活者は、成熟化以前の社会の生活者に比べて著しく変化し、総じて生活の範囲と暮らし方を量と質の両面で拡大させると言われている。また生活者は、成熟社会の暮らしやすさの中でなお生きて活動する原動力、張り合い、および幸福感を目的としている。
    (この頁に図1としてテキスト19頁の図2.1を引用)
    (この頁に図2としてテキスト20頁の図2.2を引用)
     図1のように従来の経済学では、一人の生活者を労働者と消費者に分離していた。そのため消費者は抽象的な市場に傾注し、経済人として合理的に行動することが強要され、経済学は現実から遊離されたのである。
     しかし生活者は自己の生命の維持、充実、発展という目的を達成するために、生活者は生産過程に関与しはじめた。そのため成熟社会の生活者は、その社会が充実するにつれて、消費や生産を含めて、生活をより一層トータルに、質的に営む人間となるという考え方が主流になった。それを図示したのが図2である。
     上記の2図をもとに生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。