金融論 分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数2,351
ダウンロード数47
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    金融政策を説明し、中央銀行が金融緩和を行った場合、金利と為替レートにどのような影響があるのか、短期と長期に分けて述べなさい。

    金融政策とは各国の中央銀行によって遂行される金融に関する政策である。具体的には金融や貨幣の流れを量的にコントロールすることによって、国民経済の安定的発展を図る政策である。金融政策の目的は主に4つある。第1の目的は物価の安定である。これは通貨価値を安定的に維持していくための政策である。第2の目的は雇用の安定である。これは完全雇用に近づけることを目標としたもので、景気の維持や安定を目標としたものである。続いて第3の目的は適切な経済成長である。これは国民経済の適正な成長を図ることを目的としている。そして第4は国際収支の均衡である。これは国際収支を安定化させることである。わが国でも日本銀行が金融政策を通じて、国民経済の安定化に努めている。
     続いて金融政策の具体的な手法について述べる。この金融政策については伝統的手段として以下の3点を挙げることができる。
    1.公定歩合操作
    2.公開市場操作
    3.支払準備率操作(預金準備率操作)
    1は公定歩合と呼ばれる日本銀行が市中銀行に対する貸出金利を上下させ、市中銀行の貸出を積極化または抑制する政策である。続いて2であるが、これは中央銀行が債権や手形を市中

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     金融政策とは各国の中央銀行によって遂行される金融に関する政策である。具体的には金融や貨幣の流れを量的にコントロールすることによって、国民経済の安定的発展を図る政策である。金融政策の目的は主に4つある。第1の目的は物価の安定である。これは通貨価値を安定的に維持していくための政策である。第2の目的は雇用の安定である。これは完全雇用に近づけることを目標としたもので、景気の維持や安定を目標としたものである。続いて第3の目的は適切な経済成長である。これは国民経済の適正な成長を図ることを目的としている。そして第4は国際収支の均衡である。これは国際収支を安定化させることである。わが国でも日本銀行が金融政策を通じて、国民経済の安定化に努めている。
     続いて金融政策の具体的な手法について述べる。この金融政策については伝統的手段として以下の3点を挙げることができる。
    1.公定歩合操作
    2.公開市場操作
    3.支払準備率操作(預金準備率操作)
    1は公定歩合と呼ばれる日本銀行が市中銀行に対する貸出金利を上下させ、市中銀行の貸出を積極化または抑制する政策である。続いて2であるが、これは中央銀行が債権や手形を市中..

    コメント1件

    vodka 販売
    添付資料(図)を更新いたしました。
    2014/10/06 22:42 (2年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。