商業史 分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数519
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1)三井家の歴史について(三井高利の江戸呉服店開店から明治末期まで)述べよ。
    2)近世商家における丁稚制度のあり方と近代における店員制度のあり方を比較して述べよ。
    三井高利は江戸元禄期に京・大坂・江戸で活躍した商人であり、金融業や呉服店の経営を営み、三井財閥の基礎を作り上げた。この三井高利は当時の商人の中では非凡な才能を持ち、画期的な経営を行った。
     三井高利は延宝元年に開業の決意をしたとされている。兄の逝去により高利は開業を決意し、その準備を行ったのである。まず江戸に呉服店を開業し、次いで、京に呉服の仕入店を開業したのである。これが三井家の原点である。しかし高利は松坂にとどまり、京と江戸に子供を向かわせ、緻密に指示を出すことによって経営を行った。
     高利は当時の商人としては革新的な試みを次々に行った経営者として知られている。 第一に諸国商人売である。これは諸国の商人に対して卸売りを行うことである。この時代ではまだ行われていない方法であり、画期的であったため三井家当初の営業に大きく寄与したと言われている。
    第二に店前売りである。これは店先で小売業を行い、代金の決済は現金支払とする方法である。この時代では掛売りが主流であった。掛売りでは貸し倒れの可能性を考慮しなければならないため、商品の価格に対して一定の料率が上乗せされていた。しかし高利は現金決

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     三井高利は江戸元禄期に京・大坂・江戸で活躍した商人であり、金融業や呉服店の経営を営み、三井財閥の基礎を作り上げた。この三井高利は当時の商人の中では非凡な才能を持ち、画期的な経営を行った。
     三井高利は延宝元年に開業の決意をしたとされている。兄の逝去により高利は開業を決意し、その準備を行ったのである。まず江戸に呉服店を開業し、次いで、京に呉服の仕入店を開業したのである。これが三井家の原点である。しかし高利は松坂にとどまり、京と江戸に子供を向かわせ、緻密に指示を出すことによって経営を行った。
     高利は当時の商人としては革新的な試みを次々に行った経営者として知られている。 第一に諸国商人売である。これは諸国の商人に対して卸売りを行うことである。この時代ではまだ行われていない方法であり、画期的であったため三井家当初の営業に大きく寄与したと言われている。
    第二に店前売りである。これは店先で小売業を行い、代金の決済は現金支払とする方法である。この時代では掛売りが主流であった。掛売りでは貸し倒れの可能性を考慮しなければならないため、商品の価格に対して一定の料率が上乗せされていた。しかし高利は現金決..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。