商業政策-分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数773
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     マネジリアル・マーケティングとは、最高経営者の立場から、消費者志向にもとづいたマーケティング活動や企業活動の統合的管理を通じて、企業の成長および存続をはかるマーケティングである。このマネジリアル・マーケティングは、ミクロマーケティングや、経営者マーケティングとも呼ばれている。
     マネジリアル・マーケティングの特徴として、そのマーケティング理念を挙げることができる。マネジリアル・マーケティングの理念は以下の3点である。
     1)消費者志向
     2)統合的マーケティング
     3)利潤志向
     マネジリアル・マーケティングで最も重要な理念は、1)の消費者志向である。なぜなら、現代社会はモノやサービスがあふれており、消費者ニーズは多様化している。従来のような生産者が実権を握る社会は終わったと言っても良い。消費者志向的マーケティングを実行することが、企業存続のための手段である。
     しかし、従来のようなマーケティングだけでは現代社会には対応できない。なぜなら、現代社会は経済発展に伴い、様々な消費者問題が顕在化してきたためである。この消費者問題の代表例が、公害などの環境問題である。近年では環境問題への意識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。