会計学-分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数463
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     会計とは、経済主体の営む経済活動を、情報を提供された者が適切な判断と意思決定ができるように、貨幣額により記録及び測定し、その結果を報告する行為である。特に株主、債権者、取引先の企業外部の利害関係者(ステークホルダー)に対する会計情報の提供を財務会計と呼んでいる。この財務会計は様々な法律や慣行によって社会的な規制の下で行われている。本項で述べる制度会計は財務会計の一部である。その制度会計とは会計を規制する法律の面から捉えたもので、商法および証券取引法(金融商品取引法)や法人税法などの各法律・規則によって規制を受けている会計領域の総称である。この制度会計には主に「商法及び会社法会計」や、証券取引法(金融商品取引会)会計、税務会計の3つの会計に分類することができる。各会計ではそれぞれ異なった法律や規則が規制しているが、これらは相互に無関係なのではなく、会計処理の原則及び一連の手続き等の中で、一般に公正及び妥当と認められた基準(企業会計原則)をいずれも採用しており、相互に関連性を保有している。この制度会計は主に、様々な利害関係者(ステークホルダー)への開示(ディスクロージャー)を行うことを目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。