中小企業論-分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数753
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在の日本経済における中小企業の景況感は一段と悪化している。中小企業は過去に、金融不安による貸し渋りによる影響で、多くの中小企業が破綻した苦い経験が存在する。現在でも中小企業の経営は金融問題の影響を受け続けている。
     前述したが中小企業は大企業の調整弁の役割を強いられており、日本経済の弱者と言って過言ではないだろう。それは金融面から見ても同様である。中小企業の金融的特徴を以下のように挙げることができる。
     1)自己資金調達力が低く、外部資金の依存度が大きい。
     2)短期不安定資金の割合が高い。
     3)企業間信用に強く依存し、銀行信用への転化能力が低い。
     4)長期資金の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在の日本経済における中小企業の景況感は一段と悪化している。10月に日本銀行から発表された、中小企業の製造業における業況判断DIはプラス1であった。非製造業に至ってはマイナス10であり、依然低水準である。大企業の業績は過去最高を記録しているにもかかわらず、中小企業にも好況が波及しないのは何故だろうか。要因は様々であるが、大きな要因に経済のグローバリゼーションを挙げることができる。経済がグローバル化したため、日本の大企業は生産拠点を賃金の安価な海外に移行していったのである。また、中小企業は過去に、金融不安による貸し渋りによる影響で、多くの中小企業が破綻した苦い経験が存在する。現在でも中小企業の経営は金融問題の影響を受け続けている。
     前述したが中小企業は大企業の調整弁の役割を強いられており、日本経済の弱者と言って過言ではないだろう。それは金融面から見ても同様である。中小企業の金融的特徴を以下のように挙げることができる。
     1)自己資金調達力が低く、外部資金の依存度が大きい。
     2)短期不安定資金の割合が高い。
     3)企業間信用に強く依存し、銀行信用への転化能力が低い。
     4)長期資金の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。