経営学 分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数668
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     会社法とは平成17年 6月29日に成立し、平成18年 5月 1日から施行された、会社について規定する法律である。従来会社法という法律は存在せず、商法・有限会社法・商法特例法などにより規定されていた。特に商法は度重なる改正により複雑化した上、経済の発展やグローバル化により時代にそぐわない点が多々存在していた。それらを体系的にまとめ、抜本的に見直した法が会社法である。
     会社法の大きな特徴は下記の5点を挙げることができる。
    ①株式会社と有限会社の統合
    ②最低資本金規制の撤廃
    ③会社機関設計の多様化
    ④合同会社の新設
    ⑤合併対価の柔軟化
    以上の5点を中心に会社法について述べる。
    ①株式会社と有限会社の統合
    旧規定において株式会社は大規模な企業を想定し、法規制も厳格なものだった。しかし実際には株式会社であっても中小企業が大部分を占め、決算公告や計算書類作成なども履行されておらず、株主総会や取締役会、監査役における監査なども形骸化され、法と実態が著しく乖離していた。この問題を解消するため、非公開会社(全部の株式に譲渡制限がある会社)は有限会社と同等の緩やかな規律を認め、定款による会社機関設計を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。