国際金融論-分冊2 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数494
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     金融取引は、一般的に資金過剰部門から資金不足部門への資金の流れをもたらす取引を指す。上記の代表例に金融機関や証券市場を通じた資金の調達および運用があり、このような金融取引が行われる場所を金融市場と呼んでいる。この金融市場のうち、特に国際的に金融取引が行われる市場を国際金融市場と呼んでいるのである。この国際金融市場は銀行や証券会社をはじめとした金融機関、または、企業や国家、地方公共団体などが資金調達やヘッジ、裁定を行っている。この国際金融市場は大きく分類すると「伝統的国際金融市場」と「ユーロ市場」に分けることができる。前者の伝統的国際金融市場とは、従来の国内金融市場において非居住者が取引に参加する市場である。この金融市場の大きな特徴は、国際金融取引がその市場の通貨建てで行われることを挙げることができる。かつてのロンドンがその代表例である。現在のニューヨークや東京もその例外ではない。この伝統的国際金融市場では、一般にその国の通貨当局の定める各種の規制や税制度および市場慣例の影響を受けるのである。一方、後者のユーロ市場とは、本国以外で当該通貨出ての取引が行われる市場である。一般的に国際資金..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。