広告論-分冊1 合格リポート

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,029
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     広告とは、商品に対する需要を喚起・維持したり、これを提供する企業、その他の組織体自体に好意をもたせることを目的として、情報を提供したり説得したりするメッセージを、新聞やテレビその他の有料の媒体により、買手や利用者に送達するプロモーション活動をいう。この広告を策定するまでの過程を広告実施計画と呼んでいる。本レポートでは広告実施計画における、媒体戦略・戦術と表現戦略・戦術の関連について述べる。
     広告実施計画の一連の流れを整理すると以下のとおりとなる。
     1.状況分析
     2.広告目標の設定
     3.媒体計画ならびに表現計画
     4.広告出稿
     5.広告効果測定
     広告実施計画において最も重要と言われているのが、3の媒体計画ならびに表現計画である。
     広告媒体とは広告主が消費者に広告メッセージを伝達するための媒介手段である。例として新聞や雑誌に代表されるマスコミ媒体や、DMに代表されるSP関連媒体に分類される。これらの広告媒体を用いて広告に役立てる戦略が広告媒体戦略である。これは商品に対する需要を喚起する上で、極めて重要な戦略である。しかし広告媒体戦略と類似した概念として広告媒体戦術と呼ばれる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。